2020-07-11

7月11日仕事終わりの普通の話

最近同じような天気が続いていて、陸と海の間のような(奈良の場合は陸と池の間かなぁ。)湿気具合です。お店二階カフェにはエアコンをかけているけど、一階店頭は開けっぱなしだし、オーブンも回ってるので、エアコンをかけても効かないし、足元だけ冷えると余計ダルくなるのでつけていません。営業中はマスクをつけてるのでまるで蒸しタオル状態、まるで部活の特訓の如く取り組んでおります。帰宅して玄関の扉を開けると車の音を聞いて猫のギータが助けを請うような目で玄関まで迎えに来てくれました。いつも先に迎えに来るモモさんがいないなぁと探しに行ったら2階の廊下で気怠い表情でペトーンとしていました。留守だし洗濯物も室内に干しているし空気中の水分がに飽和状態でどよ〜んとしています。そりゃそうやなぁギーちゃんモモちゃん!全室一旦エアコンをかけて湿気を取って(といっても3部屋ですが)掃除機をガンガンかけて、拭き掃除をして、ついでに換気扇のフィルターも変えたら、猫ちゃんたちも元気を取り戻しました。そのうち娘も帰ってきて猫ちゃんたちは今日一番の盛り上がりタイムを迎えて走り回っています。猫のいる生活はいいなーとあらためて思います。 

先日からミアズのカフェのアイスコーヒーを「Tabiコーヒー」さんに変えたのですが、多分それを知っているのはデイリーニュースを読んでいる人くらいなのに、アイスコーヒーのオーダーが急に増えたのです。きっとタビさんの気合いとかそういうのが自然に伝わるんだろうなと思います。心の中で思うことは伝わるような気がします。そうじゃないと今までやって来れてないですよね。パンを我流で焼き始めた始めた35年くらい前はSNSもなかったし携帯電話もなかったし、HPすらなかったのに、人から人へ伝わって広がったのは「気」そのものだと思います。今はFBからは遠ざかって、インスタグラム やTwitterも月替わりサンドイッチの紹介くらいにしています。これで廃れていくのなら「それまで」のこと。「繋がりの掛け算」よりも「一対一の付き合いの足し算」の方が私は好きなだけです。無理はしない。自分が気持ちの良い方向へレッツゴーです。

関連記事